TOPへ
   HOME > 最新情報


トップページ
会社案内
各部門紹介
新聞が届くまで
アクセス
購読のお申込はこちら
最新情報





■ご意見、お問い合わせは
こちらからお願いいたします

お問い合わせはこちらから


 ■最新情報■ 2020年
 
2020年10月21日(水)
公明新聞19000号を印刷

 弊社で受託印刷している公明新聞の号数が、1021日付けで19000号に達しました。
 公明新聞は196242日に創刊され、公明党の発展と共に号数を刻まれました。今年は、創刊59年目に当たります。弊社は、創立した1975年の12月より公明新聞を受託させていただき、以来45年の長きに渡り、ご愛顧いただいております。
 19000号の印刷にあたり、公私ともにご多用の中、公明党青森県本部代表 青森県議会議員 伊吹信一様、公明新聞 東北支局長 川又哲也様を始め9名の皆様にお立合いをいただきました。
 輪転機の始動ボタンを伊吹様に押していただいて、印刷を開始。次々と刷り上がる19000号紙面を手に取り、皆様から歓声が上がりました。

2020年6月30日(火)
CTP更新工事完了
 新聞印刷に使用するCTP(Computer To Plate:製版機)の更新工事が完了し、最新機が稼働開始しました。これまでのCTPと比べ製版スピードが格段に向上し、迅速な処理が求められる新聞印刷に威力を発揮しています。
 また、CTPの更新に併せて、現像処理が不要な無処理版刷版を導入し、当社は毎日新聞グループで最初の完全無処理版工場となりました。現像液などの化学製品の使用を可能な限り削減し、環境に配慮した工場として、これからも地域に愛される会社でありたいと願っています。
2020年6月1日(月
第5回スポニチ印面大賞を受賞

 第5回スポニチ印面大賞に、当社が選出されました。本来は、3月に表彰式が行われる予定でしたが、コロナウイルス感染の影響により中止となり、61日に社内で表彰式が行われました。副賞として、スポーツニッポン新聞社より、ラグビー日本代表のサイン入りユニフォームが贈られました。

 スポーツニッポン新聞は、北海道から九州まで全国の工場で印刷されていますが、全工場で印刷された紙面の美しさをコンテストで競い、印刷品質日本一に贈られるのがスポニチ印面大賞です。2019年に印刷した新聞の中で、当社の印刷品質が日本一に輝きました。

 スポニチ印面大賞は、当社にとっては第2回(2016年)、第3回(2017年)に続き3回目の受賞です。3回も受賞できたのは、当社員の技術力が高いこともありますが、常にベストコンディションで印刷できるよう、普段から機械整備に努力していることが大きいと考えています。

 当社はこの栄冠に恥じないよう、全社員の力を合わせて、より美しく迫力ある紙面を読者の皆様にお届けしたいと思います。

2020年5月22日(金)
2020年度 毎日新聞GHD 技術大賞を受賞

 昨年実施した輪転機のカラー増強工事が、2020年度 毎日新聞グループホールディングス技術大賞を受賞しました。当社は昨年も輪転機オーバーホール工事を内製化して実施した取り組みで2019年度毎日新聞グループホールディングス技術大賞を受賞していますので、2年連続して栄冠に輝きました。
 選考に当たっては、既設の輪転機を上手に活用し、コストを抑制しながらカラー印刷機能の増強を実現したことが高く評価されました。また、複数の受託紙を効率良く印刷するために行った運用の工夫も、評価のポイントとなりました。
 新型コロナウイルス感染対策で県域を越えた移動の自粛が求められたため、表彰式は当社内で行われました。カラー増強工事プロジェクトメンバーを代表して遠藤部長に対し、毎日新聞グループホールディングス 丸山社長より受領した表彰状が授与されました。
 当社ではこの受賞を励みとして、全社員一丸となって社業の隆盛に一層精進してまいる所存です。

2020年5月21日(木)
無処理版刷版勉強会を開催
 当社は、新聞印刷で使用する刷版に、現像処理が不要な無処理刷版を導入します。無処理刷版とは、印刷機の上で水とインキを使って機上現像を行うという新技術が採用された製品で、これまで必要だった化学的な現像処理を行わずに印刷が可能になり、現像液などの化学物質の使用量を削減することができるものです。
 このほど、東京のメーカー技術者とテレビ会議システムで結び、無処理版刷版の使用方法や運用注意点を学ぶ勉強会を開催しました。
当社は、環境にやさしい製品を使用することで、地球環境の保全に努め、社会へ貢献してまいります。
2020年2月14日(金)
聖教新聞に弊社社長の寄稿文が掲載されました

 2月14日付 聖教新聞7面(東北方面版)の『1・26「SGIの日」記念提言に寄せて』に、弊社社長の寄稿文が掲載されました。
 これは、1月26日の「SGIの日」を記念して池田SGI会長が発表された『第45回「SGIの日」記念提言 「人類共生の時代へ 建設の鼓動」』(1月26日、27日の聖教新聞に掲載)に対する所感を寄稿したものです。
 弊社は、北東北3県に配送される聖教新聞の印刷を担っておりますが、このような名誉な役割まで果たすことができ、改めて責任をもって聖教新聞の発行に力を尽くすことをお誓いいたします。


過去の記事はこちら
>>2019年
>>2018年
>>2015年
>>2013年
>>2012年
>>2011年
>>2010年
>>2009年
Copyright© 2020 TONICHIOFFSET Co.,Ltd. All Rights Reserved.